2006年11月 7日

スルツカヤ引退

とうとうこの日がきてしまいました・・・・


おっと済みません。ショックで名乗るのを忘れてしまいました。
和モダン.com(TOKYO)のアイです。

昨日の夕刊の毎日新聞のスポーツ面に
フィギュアスケートのイリーナ・スルツカヤ選手(ロシア)が引退を発表した
という記事がありました。

そう、トリノオリンピックで女子フィギュアスケートの金メダル優勝候補と言われながら、
まさかの失敗で銅メダルに終わったあの選手です。


次のオリンピックまで続けるというような噂もありましたが、
年齢的にも(27歳)引退の可能性は大きかったので、
私的には「やっぱりな」という感が拭えません。


昔、彼女には「ロシアの伊藤みどり」と言われていた時代がありました。
真っ赤なほっぺたでプクプクしていて、
肩まで伸びた髪を後ろでちょこんと結んでいたイリーナ。
いかにも幼くて愛らしかったのにジャンプはバンバン飛ぶし、
ビールマンスピンもこなすし、果てはどんな選手になるんだろう・・・とファンは期待したものでした。


02年のソルトレイクオリンピック時には素晴らしい演技を披露しながらも、
アメリカのサラ・ヒューズ選手に破れ2位となり、
大泣きした映像が世界中に流れたイリーナ。

その彼女も03年の世界選手権で優勝し気焔を吐きましたが、
その後自身の病気や家族の病気などで苦しみあわや引退??
と思われましたが、05年の世界選手権には出場し見事に優勝してカムバック。

06年のトリノオリンピックでは優勝候補の最筆頭とされながらも、
結果はみなさんがご存知のように荒川静香選手、
サーシャ・コーエン選手に破れ銅メダルに留まりました。


私が彼女のスケートのどこに魅力を感じるかといえば「爽快さ」です。

彼女が本当にのっている時のスケートはスポーツならではの爽快感にあふれ、
見ている者をスカっとさせてくれました。

気も強いですがそんなところも私は個人的には大好きで、
05年のグランプリ・ファイナルで新鋭の浅田真央選手に敗れた時に
記者に「浅田選手に破れましたが・・・」と質問されたところ
「私は負けていない!!」と反論してましたっけ。

そんな彼女、新聞の記事によると今後はテレビのトークショーの司会を希望しているとのことです。

今後本当にイリーナの滑りが全く見れなくなるのか・・・。
う~ん・・・。残念。


でもファンとしてはただ一言。

長い間本当にお疲れ様でした。
そして第二の人生に幸多からんことを心から祈ってます。

11/9毎日新聞の朝刊・スポーツ面に「スルツカヤ引退否定」と出ていました。


(以下引用)
母国ロシアから伝えられた引退報道の内容に、寝耳に水だったというスルツカヤは
「ばかげた話。記事を書いた記者に会ってみたい」と話した。


この分だとバンクーバーまで続けるのかしら?!
この際ご本人の納得いくまで頑張って欲しいです。

投稿者 wamodern.com : 21:07 | コメント (2)

コメント

え~!あのベッキー似のスルツカヤ引退なんですか???
なんかショックです(涙)
彼女のあの勢いがある演技、
キラキラしてる笑顔が見れないのは
残念ですよ。

アイさん、二日連続でブログ☆
フィギュアがお好きなんですね~♪

投稿者 もん : 2006年11月 8日 11:39

「ベッキー」似ですか!!

・・・う~んそうですか。
納得のような納得いかないような。

フィギュアネタも思いつく限りupしていきますのでお楽しみに☆

投稿者 アイ : 2006年11月 8日 15:47

コメントの投稿