2006年12月20日

丹波篠山のたび★プチ旅行Vol.1★

こんにちは★
和モダン.com(KOBE)のKONISHIです。
先日、和モダンスタッフ、カトウさん中村さんKONISHI
の3人で丹波篠山へプチ旅行をしてきました。

今回の旅の目的は、
①丹波立杭焼に挑戦する!
②おいしい『ぼたん鍋』を食べる!です♪

①まずは、陶芸から~
篠山市にある、「立杭 陶の郷(すえのさと)」
丹波焼の体験をさせて頂きました。

P1020341.jpg


中村さんは 大きなお皿
カトウさんは 一輪挿しと、湯呑み
私は お抹茶茶碗と御猪口 を作ることに!

指導して下さる方が何人かいらっしゃって、
とても丁寧に教えてもらいました。

陶芸は予想以上に難しく、みんな真剣!!
何かひとつのことに集中するっていい時間ですよね。

中村さんもカトウさんも なかなかの腕前でした!
私はかなり出来が悪くて・・・
見かねた先生にほとんど作ってもらっちゃいました;
ラッキーのような、ちょっと悔しいような・・・
先生はとても優雅にされて、不思議と土が美しくなるんですよ。
私もいつか・・・♪ってひとつ夢を作って陶の郷を後にしました。

P1020347.jpg


P1020343.jpg


窯で焼いてもらって、完成品が届くのは一ヶ月先とのこと。
ちゃんと届いたらまたブログでご披露いたします!
みんなの作品が無事焼き上がりますように★

次は中村さんにバトンタッチです!

こんにちわ。和モダン.com(KOBE)の中村です。

では、引き続き篠山の旅レポを★

②陶の郷から約30分ほど車を走らせ、
お目当ての「ボタン鍋」を求めて、篠山市の中心部へ!

その日は、連日雨が続いた次の日とあって寒い。。
こんな日には、ボタン鍋がぴったり☆☆☆

一生懸命陶芸をしたので、三人とも腹ぺこ。
かなり気合を入れてボタン鍋のお店へ向かいました。

篠山は野菜や果物がとっても美味しい町です。
山の芋や、黒豆、シイタケに蒟蒻、柿などが並ぶ八百屋さんで
お買い物しながら・・・

ボタン鍋のお店「潯陽楼(じんようろう)」に到着!
1908年創業の旅館だけあって老舗の薫りがする、
とても閑静なたたずまい。
潯陽楼さんは旅館なので、宿泊もできます。

P1020362.jpg


実はこのお店、菊正宗のおやっさん(杜氏)の推奨するお店なのです♪
春になると、おやっさんが蔵の人たちを連れて、潯陽楼さんにボタン鍋を食べにくるそうです。
たくさんお酒を飲むんだろうなぁ~

そして、コチラが私たちを満たしてくれたボタン鍋です!↓

P1020348.jpg


P1020351.jpg


いや~本当に美味しいっ!!!
20分煮て食べるように言われました。煮れば煮るほどやわらかくなるそうです。
この色を見るととっても味が濃そうに見えますが
ちょうどいい味で、しし肉の臭みも全くなく、なんせやわらか~い!!!
あぁ・・・このブログを書きながらも、また食べたくなってきました・・・

お酒も菊正宗のお酒を用意してくださっていました。
なんと、潯陽楼さんの大将はキクマサファンだとか・・・?

P1020352.jpg


春は篠山城跡の桜。夏はデカンショ祭り。
それぞれの季節を堪能できる篠山へ、プチ旅行に行かれてみては?

三人ともホッコリあたたまって、幸せなヒトトキでした☆
女三人、毎年行こう!と約束をして篠山を後にしました。


■陶の郷
 http://www.tanbayaki.com/

■潯陽楼
 http://www.city.sasayama.hyogo.jp/hotel/jinyo.html

投稿者 wamodern.com : 14:55 | コメント (2)

コメント

素敵な立杭焼きが出来そうで、完成が楽しみですね♪
こんなに気軽に体験が出来るんですね。
私も行ってみたいです。
丹波は本当に畑で収穫した野菜がおいしいですよね。
夏は丹波の黒豆の枝豆。冬はお正月のおせちに丹波の黒豆。
テーブルの上に並びます。
秋には大きな丹波の栗を買いに行ったり。
普通のものと違ってゆがいたり栗ご飯にすると
甘くておいしいですよね。
杜氏さん行きつけのお店のボタン鍋も是非行ってみたいです!

投稿者 kiri : 2006年12月21日 12:32

立杭焼き体験、楽しそう!
やってみたくなりますね。
また完成品を紹介してくださいね。
楽しみにしてます☆

ボタン鍋もとっても美味しそうですね~!!
日本酒とよく合いますもんね。
これからの季節、お鍋&日本酒の出番が増えそうです♪

投稿者 HULA☆ : 2006年12月22日 17:53

コメントの投稿