2007年6月 4日

とんぼ玉製作体験!

こんにちは。
和モダン.com(kobe)のKONISHIです。
P1010966.jpg


今回は、以前から気になっていた 『KOBEとんぼ玉ミュージアム』
行って来ました♪
ところで
とんぼ玉・・・

みなさんご存知でしょうか?

簡単に言うと、色模様のついた、紐通しの穴のあいたガラス玉の装飾品のことです。
歴史は古く、メソポタミアやエジプトで3500年も前から作られていたそうです。
もともと表面に円文様をあしらったものだったらしく、それがとんぼの目玉に見えたことから、
とんぼ玉と呼ばれるようになったらしいです。
でも、これは日本独特の呼び名らしく、アメリカではglass beedsと呼ばれているんだとか。

ミュージアム内の撮影が禁止されていましたので
写真がないのが残念ですが。

うわぁーーーっと声に出てしまいそうなくらい
誰かの手によって作られたものとは
思えない繊細で美しいものを見ることが出来ました。
ひとつひとつ丹精こめて作られたガラスをじーっと見つめていると、
その美しさに引き込まれてしまいます。

日本人の作家さんによる作品の中には、
桜や椿などの和花を描いた渋いデザインのものがいくつかあって・・・
日本人ならでは感覚・表現が伝わってきました。

そして、来館の最大の目的だったのが
とんぼ玉製作体験!!

簡単なようで難しい・・・その製作過程をご紹介します!

とんぼ玉の原型はこんなガラス棒。
好きな色を選びます。
私はさわやかな白を!

P1010945.jpg

これは、とんぼ玉の表面にくっつけるビーズ。
ハートの模様です。

P1010949.jpg

まずは、バーナーの火でガラス棒を溶かします。
意外と熱いっ

P1010952.jpg

5分ほど火をあてていくと、とろ~っととろけてきます。
とろけた部分をステンレス棒にまきつけます。


P1010956.jpg

そして、形が丸くなったら、回転させながらハートのビーズをつけて
模様をつけていきます。

P1010959.jpg

その後もバーナーに戻して、くるくる回しながら形を整えていきます。
P1010958.jpg


最後は、熱くなったガラス玉を冷やすために、
コウヨウ石というガラスのつぶのなかに突っ込んで
徐々に冷やしていきます。

P1010962.jpg

待つこと1時間!
かわいいとんぼ玉が出来上がりました。
希望でチョーカーや、かんざし、キーホルダーに仕上げることができます。
私はストラップに★
ひもは、今年のラッキーカラーのオレンジを。
なんとなく、神社で売ってそうなお守り風になりました♪
そうですっ 一枚目の写真が、世界でひとつだけのとんぼ玉ストラップです。

炎とガラスを見つめて、形をつくっていく作業はとても集中できて
楽しかったです。

今度は、もっと本格的なガラスを作ってみたいなぁと・・・思いました。
冷酒グラスとか 自分で作れたら素敵ですよねっ♪

今回行ってきた 『KOBEとんぼ玉ミュージアム』 http://www.lampwork-museum.com/

簡単に製作体験できますので、ぜひ足を運んでみてくださいね。

投稿者 wamodern.com : 16:39 | コメント (4)

コメント

とんぼ玉、とってもかわいいですね!
オレンジ色のひもの色がきいていますね!
神戸にこんなミュージアムがあるなんて初めて知りました。
私も手作りしに行きたいです。

投稿者 mina : 2007年6月 5日 13:11

わぁ、可愛いですね。
トンボ玉は私にとって、とても興味のある物の1つです☆
作るの難しそうですが、体験してみたいです。
宇宙で1つだけ
自分だけの物って 嬉しいですね。

投稿者 雅子 : 2007年6月10日 18:30

>minaさま

コメントありがとうございます♪

紐や、小さなガラス玉も数種類から選ぶことができるので、
いろんな雰囲気のものが作れることと思います。
写真のとおり、スタッフの方が手取り足取りで教えてくださいますよ。
ぜひ行って見てくださいね。

投稿者 KONISHI : 2007年6月11日 09:29

>雅子さま

コメントありがとうございます♪
宇宙でひとつの自分だけのモノ いいですよね。
やはり玉を丸くするのが難しいのですが、
ちょっとイビツな形のほうが愛おしかったりします。
ぜひまた機会があれば作ってみてくださいね★

そして、雅子さんのブログも拝見しました。
素敵なブログ、これからも楽しみにしています。

投稿者 KONISHI : 2007年6月11日 09:36

コメントの投稿