2007年7月30日

文月→切手→百人一首

こんにちは
和モダン.COM(TOKYO)のアイです。

梅雨も明けたか?!と思うほど
快晴の日が続きましたが今日もまた雨。
いつになったら梅雨明けなのか、
早く夏本番になって欲しいです。


ところで今月は7月。
7月の別名といえば文月ですね。
「文月」にちなんで、この和モダンブログに最適な話題を
getしました!

みなさんは「ふみの日にちなむ郵便切手」
というのがあるのをご存知ですか?
毎年文月である7月に「ふみの日」にちなんで
発行しているそうです。

それがなんと百人一首柄!
(鳥取旅行に引き続き百人一首づいているアイです。
興味のある方は是非「鳥取旅行一日目」をお読み下さい!)


会社の先輩が購入されたので
この話題をgetすることができました。
(ネタ提供ありがとうございます


先輩は去年買いそびれたそうで
今年こそ・・・!
と決意して計画的に購入なさったそうです。

fuminohi-stamps.jpg


ちなみにどんな歌が選ばれているかというと↓↓↓


紀貫之「人はいさ 心も知らず 故郷は 花ぞ昔の 香ににおいける」

kinoturayuki.jpg


持統天皇「春過ぎて 夏来にけらし 白妙の 衣干すちょう 天の香具山」

jitou-tennou.jpg


猿丸大夫「奥山に 紅葉踏み分け 鳴く鹿の 声聞くときぞ 秋は悲しき」

sarumaru-dayuu.jpg


源兼昌「淡路島 通う千鳥の 鳴く声に 幾夜寝覚めぬ 須磨の関守」

minamotonokanemasa.jpg


二条院讃岐「わが袖は 潮干に見えぬ 沖の石の 人こそ知らね 乾く間もなし」

nijoinnnosanuki.jpg

春・夏・秋・冬・恋
からそれぞれ一首づつ選ばれているそうです。

「淡路島」の歌って冬なんだ・・・・
と初めて知りました。
(すいません、無学で)


デザインもなかなか凝っていて
歌の文字は現代の著名書家が新しく書いたものだそうです。
絵は江戸時代の「光琳かるた(通称)」の絵柄を元にデザイン
されているそうです。

ここまで読んで興味を持たれた貴女!!
貴女が郵便局に走りに行く前に
一言付け加えておくと
もう売り切れているかもしれません。^^;

ああっ
済みません!!
わざわざ写真まで付けて長々と書いたのに
upする頃にはもう売り切れてるという
お粗末さ。

先輩が購入した翌日に買いに走った同僚が
「もう売り切れてた~」
と言ってたものでして・・・^^;

こうなったら
来年の文月に賭けるしかありません!

でも百人一首柄が出るというわけではないんだよなぁ~・・・・。


★★とりあえずご参考までに★★
↓ ↓ ↓
ふみの日「百人一首切手」のHPです

投稿者 wamodern.com : 11:15 | コメント (2)

コメント

アイさん、こんにちは

私も「百人一首切手」手に入れましたよ。
めちゃきれいな切手です。来年も絶対買うぞ!

ところで百人一首といえば、京都は嵯峨野におもしろい場所があります。
その名も百人一首の殿堂「時雨殿」。つい先日TVで紹介されました。
古典と最新技術の融合で実現した体感ゲームを楽しめるそうです。
これぞ「和+モダン」?

投稿者 ちなみ2 : 2007年7月30日 18:19

>ちなみ2さま

いーなーいーなー!

写真はイマイチですが、実物は使うのが勿体無い位きれいで凝った切手ですよね。
字もステキですし♪

ちなみ2さまはもしや去年も手に入れてますか?
来年も百人一首柄希望ですよね!

そして「時雨殿」
ステキな情報有難うございます★
今からでも飛んで行きたい気分です!
とりあえずネットでチェックします!

鳥取旅行に一緒に行った、小学生の時百人一首クラブだった友人にも教えておきます!
あと鳥取まで百人一首を持って来たマニアの子にも。

もう知ってるかな~。

投稿者 アイ : 2007年8月 2日 16:59

コメントの投稿