2008年1月 5日

あけましておめでとうございます。

和モダン.com(KOBE)の中村です。

みなさま、あけましておめでとうございます。
本年もどうぞよろしくお願いいたします☆

お正月もあっというまに終わり、初出勤しております。
6連休だったので、今日は若干ボーッとしてしまってますが、
気を引き締めて頑張りたいと思いますっ!!

さて、みなさん。 初詣に行かれたと思うのですが、どこへ行かれましたか?
私はここ2年、「伊勢神宮」に初詣に行ってたのですが、
今年は淡路島にある【おのころ島神社】に初詣に行ってきましたっ!

P1040683.JPG

鳥居の大きさにびっくりっ!
この大きな鳥居のおかげで迷うこともなく到着できました。(笑)
平安神宮や安芸の宮島と並んで、“日本三大鳥居”の一つに数えられる
高さ21.7mの鳥居だそうですょ☆

また「おのころ島神社」には、※国生み神話・神生み神話があります。
日本の神々誕生の聖地、国生みの神話、
日本国土の発祥の地として古事記、日本書紀などにも登場する伝説のおのころ島が、
おのころ島神社のある、この場所だと言われています。(詳しくは最後に書いてます。)


そしてそれだけではありません!
「おのころ島神社」は、ご存知の方もいらっしゃると思いますが、
タレントの辺見えみりさんが、結婚前にここの神社で赤と白のお守りを買って、
赤いほうをキム兄に渡したら、めでたく結婚した・・・ことで有名になった神社です。
(女の子・・白、男の子・・赤 と決まってるみたいです。)
“縁結び神社”でも有名みたいですね~♪


P1040684.JPG

鳥居は大きいのですが、神社はこじんまりとしています。

なんだか空気が澄んでいて、気持ちが良くて
とっても癒されました。

今年もいいお参りができて幸せです★

おのころ島神社の※国生み神話・神生み神話についてはコチラ↓

***************************************

◆国生み神話
古事記、日本書紀の国生み神話に登場する、
伊弉諾命(いざなぎのみこと)、伊弉冉命(いざなみのみこと)の二神が
天上の「天の浮橋」に立って、「天の沼矛」をもって青海原をかきまわし、
その矛を引き上げたときに、矛の先から滴り落ちる潮が凝り固まって一つの島となりました。
これが自凝島・「おのころ島」で、次にできたのが淡道之穂之狭別島(あはじのほのさわけのしま)で
今の淡路島であるとされています。
イザナギ、イザナミ二尊がこの「おのころ島」に降りて、
大八洲(おおやしま)の国々・「日本の国土」を生んだとされています。

◆神生み神話
国生みののち、伊弉諾命と伊弉冉命は、
この大地を守べき神、国土、海原、自然の神々を生む「神生み」へと進んでいきます。
伊弉諾命と伊弉冉命は天照大神(あまてらすおおみかみ)、月読命(つくよみのみこと)、
素戔鳴命(すさのおのみこと)の三神を生みました。

***************************************

投稿者 wamodern.com : 13:05 | コメント (0)

コメント

コメントの投稿