2008年7月 8日

♪DUKWで神戸観光♪

200807080808000_R.jpg

こんにちは!
和モダン.com(Kobe)のかとうです。

今日の神戸は激しく雨が降って、雷が鳴っています。
この雷が熱雷なら梅雨も終わりかな?
今の季節、湿度が高く、食べ物も変化しやすいし体調を崩しやすい時期です
十分に注意して過ごしてくださいね!

先日 私は、梅雨の晴れ間に
神戸の町を ”水陸両用観光船(SPLASH)”に乗って、
陸上を約60分+海上を20分 と神戸観光をしてきました。 

この 水陸両用船 SPLASH 通称DUKW
お船に車輪を付けて 道も走れるよ! って乗り物でした。

御歳 なんと 65歳!! 
戦中の昭和17年 製造だそうです。
このお船が造られた経緯は、戦中 橋の架かっていない川で物資等を運ぶのに必要だったからだそうです。
現在、観光に使われているのは、その当時使われなかった船体を使用していて
神戸で走っているのは ハワイ・オワフ島から 遥々やって来ました。
通称の 由来は  D - 1942年製造
           U - 水陸両用の2.5トントラック (amphibious=水陸両用)
            K - 前輪駆動
            W - 後輪駆動  の頭文字を取ったそうですが
船体の先が 黄色く あひるのくちばしに似ているので あひるの DUCKとかけて呼ばれていたそうです。

観光コースは
《陸上》 を メリケンパークを出発して 
       神戸祭りでメインパレードを行う フラワーロード を北上し
       北野坂 を登り 異人館へ またフラワーロードを南下
       神戸で有名な道のひとつ トアロード をさらに南下し
       大丸などが建つ 旧居留地 を通り抜け
       ハーバーランド へ 
その中にある はねっこ橋 から 
《海上》   神戸港 と言う コースです。

ハーバーランドの西南側に 「はねっこ橋」 と言う 跳ね橋があります。
煉瓦倉庫の隣なのですが、ご存知ですか?

私は、よく犬の散歩で行くのですが、正直「なんの為にあるのかな~」と思っていました。
でも、やっと分かりました。

ここから、入水出来るんですね!!

神戸観光を終えて、 ハーバーランドのはねっこ橋まで着くと
ガイドさんに 救命胴衣の着用を言われます。
これは、お船が小さいため、大きな船の起こした波に 巻き込まれて
転覆する可能性がある為だからだそうです。

着用している間に DUKWは 入水準備へ (なにをしているか分かりませんが・・・準備をしていました)

200807051651000_R.jpg

見づらいと思いますが、合図と共に跳ね橋が上がってきます。

200807080814000_R.jpg

跳ね橋が上がると 普通に坂道を下るように 前進し ザブーン と 海上へ

軽い急流すべりのアトラクションみたいで、楽しいです☆

すぐに プカプカ 浮いて モーター で神戸港へ出て行きます。

正面に ペンキを塗っている 作業員が 居るな~ と思っていたんです。

暑いし休日なのに 大変だな~ と でも ちょっと変で、まったく動かないんです・・・

200807080810000_R.jpg

「う~ん」と見ていて 近づくと なんと マネキンでした!!
ユーモアディスプレイだそうです・・・ びっくりしました。

びっくりしていたら お船は 神戸湾へ

200807080811000_R.jpg

なんだか、すごく気持ちがいいです。

左手に モザイクガーデン の 南にある 灯台 が見えました。
灯台に掲げられている旗はアルファベットを意味していて
4つが「KOBE」と2つが「UW(安全な航海を祈る)」を表しているそうです。

200807080813000_R.jpg

少し前進 神戸で、有名な風景を海から見ることが出来ます。

本当に気持ちがいいです♪

いいな~と思っていたら・・・旋回

なぜ??と思ったら、 お船が小さく 危ないので ここまでしかいけません。とのアナウンス
すごく残念でした。

でも、いつもの遊覧船とは違う角度からの 神戸の町は とても可愛かったです。

神戸港遊覧を 終え 再び はねっこ橋 へ

ここでも、普通に坂道を上がるように 陸上へ上がりました。

でも 普通に上がってそうでしたが 実は 二輪駆動から 四輪駆動に パワーアップして
登っていたそうです。

登りきり、海水を洗い流し メリケンパークへ これでツアーは終了!

いつもとは違った神戸観光、 けっこう面白かったですよ☆

機会がありましたら、是非、お乗りください。

SPLASH KOBE ⇒ http://www.splash-kobe.jp/user/index/home

投稿者 wamodern.com : 11:24 | コメント (0)

コメント

コメントの投稿