2009年11月 6日

夏のおもひで 〜犬島〜

こんにちは!和モダン.comの ogawa です。

夏はあんなに暑い暑い!と思っていたのに、
時折吹く、冬のような冷たい風にふるえる最近です。ぶるぶるっ。。。

 
皆さん、風邪などひいていませんか?

さて、まだ寒さを受け入れがたい私は、夏のおもひでに逃避行!

初夏の頃でしょうか、親切な岡山の友人に「犬島」
連れていってもらいました。

 
「犬島」というのは瀬戸内海に浮かぶ小さな島。

 
今人気の「直島」で様々なアート活動をしているベネッセが
こちらでもアートプロジェクトを進めているようなのです。
   「直島」についてはコチラhttp://www.naoshima-is.co.jp/

 
 
さぁ、まずは、港目指して
『日本のエーゲ海』と呼ばれる「牛窓」をドライブ。

1usimado.jpg

気持ちのいい青空です!

2e-gekai.jpg

エーゲ海、、、かも!?(行ったことないので妄想。。。)


港から小さな船に乗っていよいよ犬島へ向かいます。
3hune.jpg

 
 
 
到着!
4inujima.jpg

ここ犬島は、昔、銅の製錬所として栄えた歴史があるそう。

操業を終え「近代化産業遺産」にもなっている遺構を
保存、そして犬島アートプロジェクトの第一期として再生する試みのようです。

 
 
 
  
降り立つと、空を突き抜けるようにそびえ立つ煙突、、、のカケラ(半分朽ちている?)
 
工場好きや廃墟好きの方々には、きっとたまらない光景が広がっています。
(残念ながら、撮影禁止スポットが多く、あまり写真がないのですが。。。)

5riguti.jpg
さて、ここから数グループに分かれてガイドツアースタートです。
(見学には事前に予約が必要です。)

ガイドさんの慣れたトークを聴きながら、製錬所を歩いてゆきます。

8.jpg

副産物である「カラミ煉瓦」
7.jpg

銅の生産が盛んだった頃のかつての製錬所の光景を想像してみたり。

6.jpg
不思議な気持ち。

説明によると、このアートプロジェクト、循環型社会をテーマとしていて

植物の力を借りて汚水を浄化して海に還したり、
犬島の環境に合った耐塩性の植物を植えたり、、、、、
長い目で自然との調和をはかっている様子に好感がもてました。


さらには、三分一博志さんという方が建てたという建物も、
アートなだけでなく、まさに、環境と共生している!印象を受けました。

写真がないのが残念ですが。。。。

電気を使わず、太陽の光を巧みに鏡を用いて室内にとりいれたり
遺っていた煙突からの自然の空気の流れを利用して、風の通り道をつくり、
エアコンもなしで、外よりも夏は涼しく冬あたたかい温度を保つのだとか。


9.jpg

アートだけでなく、こうした環境に配慮した取り組みは素晴らしいなぁ、と
犬島をあとにしたのでした。

ということで、とびきり寒かった先週末は、
犬島での体験を生かして!? 「エコぽっかぽか作戦」を実施した私。
どんな作戦って?

エアコンに頼らず、自らがあったまる!
しょうがの味噌汁 や粕汁!!
そして、燗酒〜♪で、ぽっかぽかになったのでした。笑

皆様も是非、お試しあれ♪

投稿者 wamodern.com : 13:08 | コメント (2)

コメント

「日本のエーゲ海」って(笑)・・・
素敵な表現ですね。

私は数年前「日本のドーバー海峡」として名高い(?)岩手県・北山崎に行きました。
(遊覧船に乗ったらアナウンスでそう言ってました★)

ダイナミックな景観で素晴らしかったですよ。
すごく印象に残っています。かなりオススメです。

投稿者 アイ : 2009年11月18日 16:08

アイ様 コメントありがとうございます♪

「日本のドーバー海峡」ですか!!! 気になるな〜。

ようし!まずは、ほんとの「ドーバー海峡」から行ってみなくっちゃ!?

投稿者 ogawa : 2009年11月18日 18:35

コメントの投稿