2010年5月27日

ポルトガル紀行 〜お酒篇〜

お元気ですか?
和モダン.com. kobe の ogawa です。

だんだん日が長くなってきましたね。
し、紫外線が、、、、。汗

 
さて、日焼け止めを3重にぬりたくって、
先日、数年ぶりに海外へ旅に出ました

行き先はポルトガル!
書くことは山のようにあるのですが、的をしぼって
今回は、やっぱり、まずは、"お酒篇" をお届けします!

 
さて、ヨーロッパの西の果てに位置するポルトガル。

日本からの直行便はないので欧州内で乗り継ぎ、

朝、家を出て、
ふじやま.jpg

夜、到着。
リスボン到着.jpg

ほぼ一日かけての入国です。

と、夜の到着にドキドキしながらも無事に現地入りし、
いくつかの町をふらふら〜食べたり 呑んだり 聴いたり ぼーっとしたり
してきたわけです。

魚介類が豊富 にあって、お料理は日本人の口に合うものが
多かったのですが(少なくとも私の口には美味しかった!)

rizoto.jpg
(あんこうのリゾット)

そのお料理にポルトガルの人達は何を合わせるかというと
日本酒!  
より
ワイン! がメインでした。(そりゃそうだ)


つられて私もくいくい呑んでしまい、、、

お昼もワイン。
AKAWINE2.jpg

夜もワイン。
SIROWINE1.jpg
少しでいいと言ったハズだったのに。。。こんなにきてしまった。


ポルトのワイン(甘くて濃厚)
PORTWINE.jpg

アレンテージョ地方のワイン
ARENTE-JO.jpg


オビドスという城壁の町にはジンジーニャ というさくらんぼのお酒もあったりして

こういうチョコレートのカップに
ジンジャ1.jpg

ジンジーニャをいれてのんだり
JINNJA2.jpg

気に入ってランチにも くいっとのんでみたり
JINJA3.jpg

そうやって呑んだくれ、いえ、異国の味を たしなんでいく内に、
 
ついには、
 


酒蔵見学 まで行ってしまったのでした。

モスカテル入り口.jpg
並んでる樽の様子といい、日本で言うところの酒造記念館ですね。
http://www.kikumasamune.co.jp/kinenkan/tour/index.html


ここは、ジョゼ・マリア・ダ・フォンセッカという
歴史あるワインメーカーの博物館。
昔のフォンセッカ家の邸宅なんだとか。


中に入ると樽がずら〜っと並んでおり、
モスカテル5.jpg

ガイドツアーにて案内され、中を巡っていくと

道具.jpg
昔の酒造りに使う道具や、


モスカテル4.jpg
巨大な樽(ワイン)が眠るお部屋や

 
モスカテル1.jpg
組み体操のピラミッドばりに積み上がった樽のお部屋など見学し、
 

一番奥には、牢屋のごとく柵がしてあり、かすかにのぞくことしか許されぬ部屋があるのでした。
(↓中の説明書きと思われる。。。)
モスカテル3.jpg
MOSCATEL(モシュカテル) と書いてありますが、それはマスカットのワイン のこと。
どうやら、かなり貴重なものが眠っていた模様。
一番昔で、1880って書いてあるから130年前のマスカット!?驚!ノンデミタイ!


そして、ツアーの最後は、試飲タイム。

赤ワインも美味しいけれど、、、、、。
モスカテル試飲2.jpg

 
私は↓こちらに感激!
実はこのモシュカテル(モスカテル)!
昔、お隣のスペインで飲んで以来気に入ってしまい、
日本で探しまくったことのある憧れのワイン なのです。
甘くて濃厚なデザートワイン♪
ここで逢えるとは〜!

モスカテル試飲.jpg
感動の再会にじっくり試飲!
!!とても美味しかったです!!

 
 
そんなほろ酔い旅を終え、和食だ!醤油だ!と原点回帰してる最近ですが、
ひとつ、旅の名残りか、できた習慣が。。。

CIMG6990.jpg

食事にお酒がないとしっくりこなくなってしまった、、、のでした。
外では以前からよく呑みますが、家ではたまに、だったのに。

土地のもの、ともちろん日本酒を。

平日のランチに呑まないように、気をつけます(汗)

投稿者 wamodern.com : 12:29 | コメント (0)

コメント

コメントの投稿