2010年9月 9日

9月9日重陽の節句とトマト鍋

おはようございます。
和モダン.com(OSAKA)の加藤です。

本日  9月9日 は 『重陽の節句』 別名 『菊の節句』です。
100908_171356.jpg

あまり馴染みがないかと思われますが

現在にも古来中国から日本に伝えられている「五節句
五つの節句の一つに含まれます。

  1月7日、七草粥で新年を祝う「人日(じんじつ)の節句」
  3月3日、ひなまつりとして有名な「上巳(じょうみ・じょうし)の節句」
  5月5日、男の子の成長を祝う、こどもの日「端午(たんご)の節句」
  7月7日、おり姫、ひこ星の物語で有名な「七夕(たなばた)の節句」
  9月9日、菊花の香りの酒で月をめでる「重陽(ちょうよう)の節句」

中国では、奇数は縁起のよい陽の数とされていて、
一番大きな陽の数である九が重なる9月9日を、「重陽」として節句のひとつとしてきました。

この日に、茱萸(しゅゆ=ぐみの実のこと)を袋に入れて丘や山に登ったり、
菊の香りを移した菊酒を飲んだりして邪気を払い長命を願うという風習があったそうです。

これが日本に伝わり、平安時代には「重陽の節会(ちょうようのせちえ)」として宮中の行事となり、
江戸時代には武家の祝日に。
その後、明治時代までは庶民のあいだでもさまざまな行事が行われていたといいます。

優雅で素敵な大人行事なのに、残念なことに、現代になじみがなくなっているのは
新暦では、菊が咲くには早い時期になってしまったのが、原因かもしれませんね。
 *旧暦の9月9日は 新暦では10月にあたり(今年は10月16日)

100908_171138.jpg

でも、今の菊は、旬はありますが、比較的年間を通して、手に入りやすいお花の一つになりました。

写真の菊は 「アナスタシア」 と言う種類で 大輪で色もたくさんあり、とても素敵なお花です。
それ以外にも ピンポンマム や スプレーマム など 強く可愛いのが多いので、

「菊花の香りの酒で月をめでる」 *今夜は新月の為 お月様には会えないかもしれませんが
是非、菊をめでて、菊酒を・・・を楽しんでみてはいかがでしょか?


もう一つ まだまだ 残暑が厳しいこの頃、
これからも活躍する  大阪は 梅田E-MA 5Fにある お鍋屋さん

芦屋 DECOBOCO』さんを紹介したいと思います。

DSCF9046_R.jpg

ファッションビルの5階 とても落ち着いた店内で

DSCF9047_R.jpg

お鍋料理(もつ鍋・博多水炊き・トマト鍋等)や一品料理が頂けます。

今回、時期が、まだ夏だったので 「トマト鍋」を頂きました。

とその前に、 店内が少し涼しめだったので 「夏燗」を実践すべく

日本酒と一緒にお薦め一品料理を先に頂きました。

DSCF9050_R.jpg
<マグロとアボガドのミルフィーユ 温泉卵のせ>これでお酒がすごく美味しく頂けます。
アボガドとマグロは本当に合いますね~

DSCF9051_R.jpg
<お造り三種>ちゃんとお造りもあります!!

DSCF9052_R.jpg
<和風クリームチーズの酒盗のせ>これ、ちょっとおつまみにすごくいいです。
食べ過ぎてしまうのが、要注意です★

DSCF9056_R.jpg
<イカシューマイ>イカの味がしっかり残っていて、食感もプリプリでとても美味しいです♪


<長いもの唐揚げ>これ!! 最高でした。
人気商品だそうですが、納得です。
お料理とお酒、どちらもを引き立てるお料理です。

と食べすぎ??なくらいお酒とお料理を楽しんで

DSCF9060_R.jpg
<トマト鍋>

トマト鍋へ。。。暑いのにお鍋!?と思いましたが、
たっぷりお野菜が入っていて、さっぱりして夏にぴったりのお鍋でした。

最後は締めで(まだ食べます^^)
リゾットにしていただきました。

しっかりしたトマト味は イタリアン?な感じで 色々なお料理を一度に
楽しめて とても満足でした♪

こちらのお店は もつ鍋 博多水炊きと
これからの季節にぴったりのお鍋が目白押しです!!

天王寺にも新しいお店が出来るそうです!!
大阪ミナミ方面の方は、是非。

私も 次は違うお鍋を頂きに伺います♪

最後になりましたが、この度、快く取材に協力していただきました
料理長はじめお店の方々に、厚く御礼申し上げます。
有難うございました。
 

投稿者 wamodern.com : 08:56 | コメント (0)

コメント

コメントの投稿