2010年10月15日

地車(だんじり)パレード

はじめまして、今回よりブログに参加させていただくことになりました。
和モダン.com(KOBE)の野口です。
よろしくお願いいたします。


さて、今年は猛暑でついこの間までは「まだまだ夏だなあ…」なんて思うような気候でしたが、最近はずいぶん秋らしくなってきましたね。
朝晩涼しく過ごしやすい気温になりましたが、そんな中「熱い秋」に出会いました。


IMG_0588.jpg
IMG_0576t.jpgIMG_0579t.jpg


だんじりパレードです!
神戸の東灘区制60周年を記念したイベントだそうで、すごい賑わいでした。

豪華な装飾の施された約30基ものだんじりが、次々と行列になって練り歩く様は圧巻です!
これほどの数のだんじりが集合するのは、10年ぶりだとか。
はっぴでキメた若者が屋根の上で踊り、浴衣のお父さん方も掛け声をかけ、活気に溢れています!


私の実家の地域もだんじり文化があり、子供の頃はだんじりを曳いておりました。
懐かしさ半分、そして自分の地域とは違うところを見つけて、目新しさ半分です。

特にだんじりの型が違っていて、私の地元のものは大型で重量感があり、大勢で綱を曳くタイプの下地車というタイプのもの。有名な大阪岸和田の地車がこれですね。
一方、東灘のものは下地車より軽量で、前面に「担い棒」という梁が通してある、上地車というタイプのものだそうです。

私は下地車しか見たことが無かったので驚いたのですが、上地車は担い棒を担いで、前輪が持ち上がるのです!
ちょうど、バイクなんかで言うウィリーのような状態ですね。
そして…

IMG_0582t.jpg

IMG_0583t.jpg

IMG_0584t.jpg

IMG_0585t.jpg

下手な写真で申し訳ありませんが、おわかりでしょうか…
ウィリーの状態で、だんじりが大回転!!
沿道からも拍手が沸き起こります。
私も必死にシャッターを切りながら、大興奮でした!

実家を離れてから、お祭りに参加することも無かったのですが、改めて見ると良いものですね。
お子さんから若者、お父さん方まで世代を通じて、また沿道のお客さんも巻き込んで、地域が一体になっているのを感じました。
私も久しぶりに地元のお祭りに参加したくなりました。

☆余談ですが☆
IMG_0581t.jpg
パレードを見た後、近所の洋食屋さんでランチを食べました。
レンズ豆のスープと大きなエビフライ。

心もお腹も満たされた休日でした。

投稿者 wamodern.com : 16:22 | コメント (0)

コメント

コメントの投稿