2010年12月 2日

銀杏♪♪

こんにちは。和モダン.com(KOBE)のSAWAです。

昨日から12月!!ほんと、早いですよね~
今日は、私の大好きな銀杏のおいしい食べ方を紹介したいと思います♪

とある京都の割烹でだされた銀杏がおいしくておいしくて。
つくり方をカウンター越しに教えてもらっちゃいました!
そのため、分量などはとっても適当です。
また、プロのように上手にはできていませんが、あしからず。。。

まず銀杏を1個ずつ割っていきます。
専用の割り機もあるようですが、持っていないのでペンチで。
銀杏_ペンチ銀杏_割ったあと
銀杏の角をペンチではさんで、力加減に気をつけると上手に割れます。

次に、もう捨ててもいい古い片手鍋の中に、塩をたっぷり(鍋に1/3から半分くらい)用意して火にかけ、
その中に割った銀杏を入れます。
銀杏_鍋

そして、じっくり炒っていきます♪
よっ!
炒り1
はっ!
sa炒り2

特にあおる必要は無いかもしれません。。。
いい感じに銀杏に火が通ったら(実がぷっくり膨らんで、殻を押してくる感じ。割ってみてきれいな黄緑色になっていたらOKです)、塩をざるで濾して除きます。
sawa_2_6.jpg

そしてここからが腕の見せ所♪
小さなフライパンを温めて、炒った銀杏を半分入れて、水を少量たらします。じゅー
塩Ver.1
ころころして、殻を湿らせます。
そこに、新しい(できればちょっといい)塩を一つまみ上からぱらぱらっと振り掛けます。
水気が飛んで、塩で銀杏の殻全体が白くなってくれば、塩バージョン出来上がり★
塩Ver.2

残り半分は、醤油で味付けします!
フライパンを軽くふいて塩を除き、残りの銀杏を入れます。
塩バージョンと同様にまずは水をじゅー
そして醤油をじゅー♪
醤油Ver.

できました~♪♪
できあがり

熱々の銀杏は、日本酒に、とってもよく合います!!
私は菊正宗・生もと純米酒をぬる燗にして一緒にいただきました♪幸せ~

いくらでも食べれそうですが、食べすぎは禁物。
みなさまも、銀杏は食べ過ぎると体によくないのでご注意くださいね。

このつくり方は封筒に入れてレンジでチン、などに比べると
少し面倒に思えますが、殻さえ割ってしまえば後は簡単です☆
塩で炒った方が、なんとなく実がふっくらする気がするんですよね~。
ただ、どうしてもあの割烹の見た目の美しさは再現できません。うう。

※銀杏を炒るための塩は、冷めてから保存瓶に入れて繰り返し使っています。
昨年使った塩を今年も使っていますが全然大丈夫です。(色は黒くなってきます)
お鍋は、繰り返し塩を炒ると穴が開くそうですので、捨ててもいい古いものを使ってくださいね♪

投稿者 wamodern.com : 09:52 | コメント (0)

コメント

コメントの投稿