2011年12月 8日

ぺルー1人旅-2☆リマ〜クスコで再会編♪

和モダン.com kobe の ogawa です。
寒くなりましたね〜 お元気ですか?

さて、ぺルー1人旅 その2 でございます。

勘違いながら(笑) 熱烈歓迎を受けて降り立ったリマ(前回の内容はコチラ)

 
そこはぺルーの首都だけに、思った以上に大きな街で、
方向音痴の私は自分の位置を把握できないままでしたが。。。。。

0%E3%82%A2%E3%83%AB%E3%83%9E%E3%82%B9%E5%BA%83%E5%A0%B4CIMG0314.jpg00arumasCIMG0317.jpg
世界遺産だというアルマス広場♪周囲の建物が黄色い!
 

宿で出逢った方々に親切にしていただいたおかげで
リマ滞在も楽しむことができたのでした。


とても居心地よくまったりしてしまう宿 ペンションカントゥータにて

1catCIMG9084.jpg
猫もまったり〜

2birdCIMG9072.jpg
バイリンガルな鳥もいる
Ola!(スペイン語の挨拶)と突然しゃべったかと思うと
コンニチワと言ってきたりする

3_senorlimonCIMG9081.jpg

宿の皆様と初ぺルー料理(セビッチェや魚介や種類豊富なポテト料理
真ん中の黄色いのはトウモロコシ、一粒がとても大きい!)
レモネードも美味でした☆


日本語の説明を聞ける天野博物館へ行ったり→HP


特に、大海原で巨大なイカを釣る海の男Kさん(単身赴任中)
にはお世話になり、お友達が出展しているという世界の食展覧会?
にも連れていっていただきました。

4coffeeCIMG9100.jpg
ぺルーでがんばっている日本人(美味しい有機コーヒー♪)

6donburiCIMG9110.jpg 5donburiCIMG9111.jpg
どんぶり人気?


充実のリマ滞在を終え、翌朝はいよいよ標高の高いクスコへと向かいます。(3400M)

なんといっても一番の不安は高山病
こんなむくみまくりの私は大丈夫なのか?
あらゆるサプリメントを持ってイチかバチか行ってみるつもりでした。
が、
なんとも幸運♪なことに、宿で出逢った広島のSさんが「もう使わないからあげる」
ときちんとした処方箋付きの高山病のお薬をくださったのでした。(感謝!)
(人によっては薬を飲んでも発症するらしいけれど、もう大丈夫と思い込む。)


7soraCIMG9154.jpg
空をゆく〜☆
8soraCIMG9190.jpg
もしかして標高が高いから近く感じるのかな?

到着!
この日はクスコに泊まらず一気にマチュピチュの近くの村まで移動の予定。
数時間のクスコ滞在です。

8-%E3%82%AF%E3%82%B9%E3%82%B3%E5%BA%83%E5%A0%B4CIMG9215.jpg
この街も世界遺産です。

そして、
ふらふら〜っと歩いていたら、広場に人だかりが!

あの赤と白のジャンパーには見覚えが!!
9%E3%82%B8%E3%83%A3%E3%83%B3%E3%83%91%E3%83%BCCIMG9218.jpg

おぉ、例の修学旅行生!いや、例の有名なSINGER!ではありませんか!!
広場でストリートライブ?
靴磨きの少年も、手をとめて見入っています。

いやはや、偶然!しかし、、、
拍手は聞こえるけど 歌は聴こえないのですが。。。
 
 
 
 


9koriaCIMG9217.jpg

何やら板を割って拍手喝采あびている!
か、空手〜?
地元のおじちゃんらに紛れてビラをもらってみると、、、
「TAEKWONDO」どうやら テコンドー なのでした。

 
どうもエキシビジョンがあるみたい。
なんだ、空港のおじちゃん、花道できたら皆シンガーって言っちゃうんだ、きっと。
それにしてもテコンドーってぺルーで流行っているのかしらね〜。

%E3%83%86%E3%82%B3%E3%83%B3%E3%83%89%E3%83%BC2011.jpg

 
と、このブログを書く今まで数ヶ月思っていたのですが!
念のため、調べてみたら、、、、!

 
どうやらおじちゃんの言ったことは本当だったようで。(おじちゃんごめんっ)

 
 
失礼ながら、私はよく存じ上げないのですが。。。


MBLAQ(エムブラック)
- Music Boys Live in Absolute Quality -
他にない最高なクオリティでパフォーマンスするボーイズ

や、

「国民の妹」パク・ポヨン

や、パクチョンア、キムホジン、クジュンニョプ など

 
 
韓国のスター達が海外ボランティア活動に出るという韓国の放送局(MBC)の
 "コイカ(KOICA)の夢”なる番組の企画のようで。(JICAの韓国版かなぁ?KOICAって。)

 
 
7,000人もの応募の中から選抜された海外奉仕団員と医療スタッフが行動を共にするんだそうで。

 
 
奉仕活動ということで、エコノミークラスで移動、

 
 
様々な奉仕活動の一環としてテコンドーの公演があるようでした。
 
 
 
そうだったのね〜っ!(と自分のスターに置き換えて妄想してみる。。。!きゃぁ〜っ☆○△♪↑☆!)
 
 
その後、マチュピチュ村への列車やマチュピチュの入り口など
あちこちで遭遇した「テコンドーの選手たち」が、そういう団体だったとは露知らず。
(英語が得意だったらたずねていたかもしれませんが。。。汗)
 
 
ここまできたら、是非その番組が見てみたいものです。 
  
 
 
思わぬ展開に、あんまりびっくりしちゃったもので、つづきはまた次回!
(この調子で書いていたら、1年かかりそう。笑)

 
皆様、風邪などひきませぬよう!

投稿者 wamodern.com : 17:03 | コメント (2)

コメント

ogawaさんらしい旅ですね~~。

ところで『国民の妹』ってキムヨナじゃないんですか?!
たくさんいるんだぁ。
(とペルー旅行記でそこに反応してしまう私)

投稿者 アイ : 2011年12月15日 12:22

>フィギュアスケート好きのアイさま

コメントありがとうございます。
『妹』、、、たくさんいるんでしょうね〜。
反応のしどころがさすがですね(笑)

投稿者 ogawa : 2011年12月16日 10:14

コメントの投稿