2011年12月 2日

芸術の秋を感じて

こんにちは和モダン.com(TOKYO)のハナコです。
今日からいよいよ師走。
12月に入った途端、急に寒くなってしまいました。
いよいよ日本酒シーズン到来?!

そして今日のブログのテーマなのですが
最近ネタが全くなくて。。。。。
和ネタでもなく
写真もないブログになります。済みません。

そしてこんなに寒くて「秋」という気分でも全然ないと思いますが
過ぎ去った「芸術の秋」を偲んで
最近見た映画について書きます!

***********************

先日、午前十時の映画祭~何度見てもすごい50本~
というものに行ってきました。
私は今回初めて行ったのですが、
この映画祭自体二回目らしいので
ご存知の方も多いと思います。

私が見たのは↓
刑事ジョンブック 目撃者
(1985年アメリカ)

内容については興味のある方はリンクを参照して頂くとして、
個人的な感想をば。↓

監督がピーター・ウィアーなのですが
この監督のオーストラリア時代に撮った映画が
強烈な印象に残っていて、気になる監督でした。

「ジョン・ブック」は映画館ではなくTVで見たと思うのですが
印象に残っていたので
この日別の映画を見に行ったにもかかわらず
運命を感じて思わずチケット購入。

あーこんな感じだった!
と懐かしく思いながら見ました。
昔見た映画なのに結構鮮明に覚えてるもんなんですねぇ。
男の子がトイレに隠れるシーンとか、
村人総出で建物を建てるシーンの音楽とか覚えてました!

映画は、
サスペンスと人間ドラマとちょっと知的な小難しいテーマ(文明とか)
が上手くミックスされていて
地味な映画ですけどやっぱり秀作だと思いました。

ちなみに、実はその日は本当は
三銃士~王妃の首飾りとダ・ヴィンチの飛行船~
を見に行ったのデス。

『三銃士/王妃の首飾りとダ・ヴィンチの飛行船』公式サイト

オーリー(オーランド・ブルーム)見たさに・・・・・・
友人と・・・・・

オーリーはイギリス人なのに何故三銃士?
と疑問だったのですが、見て納得。
バッキンガム公の役。
初の悪役らしいです。
へー。

ミラ・ジョボビッチが美しくセクシーなミレディ。
三銃士+ダルタニヤンも
私は全然知らない俳優たちでしたけど
味のあるイケメン揃い。

美男美女の織りなす
華麗なコスチュームプレイに
ド派手なアクション!

目の保養になりました。

そしてこの映画はなんと3D
実はあの超大ヒット作「アバター」を見てない私。
(だって~~
・・・・・・・・キモチ悪いんだもん)
時代に乗り遅れた私にとって本作が記念すべき初・3Dでした★

それにしても、3Dって通常よりチケット代がお高いんですね。
しかも3Dメガネ(400円位だったかな)を購入しなきゃならないし。

友人と楽しみにして見に行ったわりに
内容的に物足りなくて
隣の映画館でやっていた
午前10時の映画祭
も見ちゃったのでした~。

久々に一日に2本も映画見たわ。
芸術の秋を満喫しました。

投稿者 wamodern.com : 11:35 | コメント (0)

コメント

コメントの投稿