2016年11月30日

☆グルメレポート☆お魚好き必見!「漁師寿司 海蓮丸」

こんにちは。和モダン.comのogawaです。
おひさまがキラキラまぶしい秋(冬?)いかがお過ごしですか?

さて、本日は、6月にオープンしたばかりという
「海蓮丸」さんをご紹介したいと思います。

三ノ宮から新快速で15分、明石駅より徒歩3分くらいでしょうか?近いです。
はためくのぼりに勢いを感じます。
entrance.jpg
お店に入ると既にお客様がいっぱい!
なので、全体の写真は撮れなかったのですが、隙を見て撮った店内の様子です。
0tennai.jpg  0tennai3.jpg

さて、まずは、
「名物 本まぐろねぎとろあて」を"キクマサの熱燗"で。
1maguro.jpg  2sake.jpg
とろけます。舌に脂が残っているところにすかさずキクマサの燗をひと口。
たまらない旨さ。絶妙に合います。

続いて「天ぷらもりあわせ」

2tempura.jpg
お野菜もたくさん!
秋ですね~さつまいもの甘さ!
ebibbi.jpg
天ぷらにつけるお塩がまた美味しかったです。
このお塩でお酒がまた呑めそうな。。。

箸袋を見ると、、、
hasibukuro.jpg
漁師寿司「海蓮丸」とありますね。
なんとこの「海蓮丸」の大将は漁師さん&魚屋さんでもあるんです!
明石でとれる魚介類は大将自ら船(海蓮丸)に乗り、漁港より運んでくるのだとか。
(明石以外でとれる旬のものも市場より豊富に仕入れてあります。)

では、大将おすすめの明石のお刺身を楽しみましょう。
「お造りもりあわせ」
奥よりタチウオ、クロダイ、サワラ、ツバス、ハリイカ!
人参のもみじが秋を演出。
3sahimi.jpg
新鮮!
ツバスの歯ごたえ、味わい深いサワラ、
コリッとそしてなめらか~にまとわりつくハリイカの旨さ!

キクマサの熱燗の具合がとても良くて、もう1本!
3sake2.jpg
お刺身と日本酒、名コンビだー。

漁師寿司というからには、にぎり寿司を。
明石といえばタコ!穴子!
4susi.jpg uniuni.jpg
明石のタコ、焼き穴子、煮穴子、由良のウニを。
4anago.jpg

4tako.jpg
タコの甘み!ぷちぷちとした吸盤の食感も楽しいです。
ん~それぞれ美味しい~。
お酒がすすみます~。
4sake1.jpg

「すし屋の玉子ヤキあて」
5tamago2.jpg
甘い、懐かしい、美味しい、、、
お寿司の玉子焼きのシャリなし、玉子の部分。
好きだなーこの味。


すっかりほろよいです。。。
いいお燗具合で熱燗ばかり頼んでしまいましたが、こちらのお店では
いま兵庫県限定で呑める「百黙」も置いていただいてます。
hyakumoku.jpg


あぁ、お腹いっぱいです。胃袋に隙間があればこれも食してみたかった!
「明石海峡巻き」
巻き寿司.jpg
明石の海で育ったプリプリのタコ、香ばしく焼いた穴子、ゴマと共に炒った鯛。
明石を代表する3つの海の幸を贅沢に巻いた明石を丸ごと楽しめる巻き寿司。
(文・写真 パンフレットより)
おいしそうですね~。

 
海鮮丼やお寿司のランチもやっているそうです。(11時半より)
スロープも準備してあり、車椅子の方も安心してお越しいただけます。


4階の宴会場では忘年会も30名までOK!

そして、なんと、「漁師体験」もできる!!

さらに「お魚料理教室」も!!!
大将の奥様が、明石のお魚をつかって、さばき方から丁寧に教えてくれるのだとか!

もりだくさん!
いろいろな角度から楽しめますね。

お客様とのやりとりを聞いていても、さすがベテラン漁師!
お魚にとても詳しい!
そんな気さくな大将を最後にパチリ。

6taisyo1.jpg
大将、スタッフの皆様、どうもありがとうございました。
皆様も是非!


【お店情報】
『漁師寿司 海蓮丸』HP
住所:明石市大明石町1-13-5 槌屋ビル1階
電話:078-918-0141
営業:ランチ 11:30~14:30(L.O.14:00)
   ディナー17:00~03:00(L.O.02:30)
 日・祝のみ 17:00~22:30(L.O.22:00)
休日:年中無休(お盆・お正月除く)


風邪に気を付けて、元気に良い毎日を!

投稿者 wamodern.com : 16:16 | コメント (0)

コメント

コメントの投稿