2016年12月21日

「第十回 現代日本料理技能展」を覗いてきました。

こんにちは。

忘年会シーズン真っただ中、皆様楽しいSAKEライフをお過ごしでしょうか。

私の先週末の忘年会はなんと薬膳鍋。
忘年会つづきで弱った胃腸には、またとない休養となりました。
幹事さんの心遣いが身に染みますね。


さて、先日「第十回 現代日本料理技能展」を覗いてきました。
愛媛県が協賛する今回の技能展は、愛媛県産の養殖スマ「伊予の媛貴海-ひめたかみ-」が主役。

養殖スマ「伊予の媛貴海-ひめたかみ-」

スマというのは、鯖のような、カツオのような見た目の魚なのですが、
優れた養殖技術により、きめ細かな脂が乗った、全身がマグロのトロのような味と食感になるそうです。
(ホントでしょうか。。)


食材の説明をする愛媛県の職員

愛媛県の職員の方がスマについていろいろ説明してくださいます。


紅マドンナ&媛かぐや

会場では愛媛生まれの新柑橘「紅マドンナ」や巨大な海老芋のような「媛かぐや」についてもPRしていました。


目黒雅叙園 加藤允人料理長

一流の料理人の方が調理されたスマ料理が展示されており、調理方法を教えてくださいます。
写真は目黒雅叙園の加藤允人料理長のものです。


スマなます 牛蒡、松の実
・スマなます 牛蒡、松の実


燻製スマ 青葱ソース
・燻製スマ 青葱ソース


潮鍋 焼スマ、大根、壬生菜
・潮鍋 焼スマ、大根、壬生菜


塩スマ造り
・塩スマ造り


スマ味噌風味焼 木の子
・スマ味噌風味焼 木の子


加藤料理長が仰るには、脂が良く乗っていて旨味が強いので、塩との相性が良いとの事でした。


ひと通り説明が終わると、待望の試食タイム♪
皮を炙ったスマの切り身をいただきました。

養殖スマ「伊予の媛貴海-ひめたかみ-」


食べた感じはビントロとマグロの中間みたいな感じで、
確かに知らずに食べたらマグロと間違えるかもしれません。
(脂が強く、少しばかり特有の臭いがありました)


今のところはほとんど流通していない養殖スマ「媛貴海-ひめたかみ-」ですが、
マグロの漁獲制限が厳しくなるに従って、マグロに取って代わる食材になるかもしれませんね。


投稿者 dg_yoshida : 09:00 | コメント (0)

コメント

コメントの投稿