2017年3月 1日

神戸御影☆『惣菜BAL 室屋』さん

こんにちは。和モダン.com(KOBE)の野口です。
年に一度の蔵開きが大盛況のうちに終了し、冬の酒造りも終わりに差し掛かり、
社内は少々落ち着きムード(?)です。
蔵開きにお越しいただいたお客様方、本当にありがとうございました。
美味しく楽しく飲んでいただくお客様の顔を拝見すると、また一年頑張ろうと元気が出てきます!

さてさて話は変わって、菊正宗本社の最寄、阪神御影駅の近く「惣菜BAL 室屋」さんにお邪魔してきました。
昨年末にオープンされた新しいお店です。
ガラス張りの開放的な入口で、中からの暖かな光に誘いこまれるようです。
DSC_0016.jpg

店内に入ると、10人がけの大きな大きなテーブルと、その奥には美味しそうなお惣菜がいっぱいに並べられたカウンター。
とてもオシャレなお店でありつつも、お家に帰ってきたようなホッコリした雰囲気です。
大人数でワイワイもいいし、お一人様でも相席風に座れて他のお客さんと仲良くなれそうですね。
1488344887394.jpgDSC_0015.jpg1488344890238.jpg

寒さで身体が冷え切っているところに、つきだしでいただいたのが豚汁。
これはめちゃくちゃ嬉しいです!身体の芯から温まります。
DSC_0020.jpg

さて、最初に頂いたのはオススメの野菜のちょいちょい盛り
色々なお惣菜がワンプレートで食べられる、お一人様にもうれしいメニューです。
お野菜は主に淡路島から産地直送で仕入れていらっしゃるそうで、どれも新鮮で甘くておいしいです!
ちなみに私は「ニンジンめんたいこ」がお気に入り。単品で追加オーダーしちゃいました。
muroyachoi.jpg

お次は大人気のポテトサラダ
ゴロゴロポテトに鶏肉も入っていて、食べごたえ満点!
優しいお味でいくらでもいけちゃいます。
muroyapote.jpg

お野菜メニューが続きます。お次はチーズホットキャベツ
あまーいあまーいキャベツにトロトロのチーズが絡んで、これはたまりません!
お野菜が新鮮なせいか、火を入れてもキャベツの食感がしっかりしています。
ヘルシーなのにおつまみにも最適です♪
muroyahotkyabe.jpg

お肉メニューも...とオーダーしたのが鶏のチーズはさみ
カリカリに焼かれた鶏にナイフを入れると、チーズがトローリ。
これも美味しい!
「揚げてないからヘルシーなんですよ」と言っていただき、安心してペロリとたいらげました!
DSC_0009.jpg

すいません、揚げたのもやっぱり食べたくなっちゃいました。
鶏の唐揚げフライド大根
唐揚げは下味がしっかりとしていてクセになるお味、珍しいフライド大根は食べてみるまで想像が付かなかったのですが、甘くてプリっとしていて食感がすごくいい!
大根って揚げると美味しいんだと新発見です。
muroyakaraage.jpg

お肉の後に、もう一度淡路のお野菜を...ということで、おすすめいただいたのが魚のマリネ
南蛮漬け風のお魚に新鮮シャキシャキのお野菜がたっぷり。
お酢がきいていてサッパリといただけます。これは樽酒とも相性◎です!
muroyananban.jpg

さらにお酒に合うメニューをということで、クリームチーズいぶりがっこ
クリームチーズに香ばしいいぶりがっこ、茎ワサビがピリっと効いています。この組み合わせ、最強です。
お酒がすすむ~!
muroyagakko.jpg

さて、名残惜しくも最後のシメにおすすめなのが、三色ごはん
たまご、そぼろ、焼き海苔の大人の三食ごはん。
そぼろにはきのこが入っていて食感がとても良く、お取り寄せのこだわりの焼き海苔は香りがとても良いです。
ちなみにランチでも食べられるそうです♪
muroya3shoku.jpg

お酒に合いつつも、身体に優しく家庭的な温かいメニューの数々、
美味しく、幸せな時間を過ごさせていただきました。

どれだけ食べるんだ!と首を傾げられてしまいそうですが、
会社から近く、ママのお惣菜のファンになってしまった私は既にリピーター(^^)
一日で食べたわけじゃないですよ。きっと一日でも食べられますが。

最後に、取材をお受けくださった店主様、ありがとうございました。
今後ともよろしくお願いいたします(笑)

++++++++++++++++++++++++++++
☆お店情報☆
『惣菜BAL 室屋』

Tel:050-5593-4027(予約専用)
  078-822-5520(お問い合わせ専用)
住所:兵庫県神戸市東灘区御影本町6-14-10 101
    (阪神御影駅より徒歩3分)
営業時間:ランチ 12:00~14:00(水、日休み)
     ディナー 17:30~23:30(L.O.23:00)
定休日:水曜

投稿者 wamodern.com : 15:09 | コメント (0)

コメント

コメントの投稿